blog

シャープ#とフラット♭【ギターコードのトランスポーズのやり方】

2020年3月21日

シャープ#とフラット♭【ギターコードのトランスポーズのやり方】

シャープ(#)とフラット(♭)の意味は理解していますか?

 

これを理解していないと、キーを変えた時に、コードがどうなるのか。

または、カポをした時に、コードがどうなるのかを自分で考える事ができません。

 

今日はシャープとフラット、そしてキーチェンジ(トランスポーズとも言います)をした時に、コードが何になるのかを説明します。

分かりやすい表もありますので、是非参考にして下さい。

 

 

シャープ#とフラット♭

・シャープ(#)は半音上げる。

・フラット(♭)は半音下げる。

という意味の記号です。

 

ギターで言うと、半音は1F(フレット)の事。

全音、または1音とは、2Fの事です。

 

≫D♯は、Dより半音高い音。

≫G♭は、Gより半音低い音。

 

A#とB♭は違うの?

 

言い方が違うだけで、A#とB♭は同じ音になります。

 

じゃあシャープとフラットってどう使い分けるの?

 

シャープとフラットの使い分け

シャープとフラットの使い分け

シャープとフラットは、臨時記号調号という使い方に分かれます。

 

臨時記号とは、その小節内の指定した音だけにシャープやフラットが適応される使い方です。

もしシャープやフラットを外したい場合は、ナチュラル(♮)をつけます。

 

臨時記号の場合、音符の流れに合わせてシャープ、フラットを使い分けます。

 

(ダメな例)C E G → C D# G

より、

(いい例)C E G → C E♭ G

の方が分かりやすいですよね?

 

調号とは、曲全体にシャープやフラットが適応される使い方です。

五線譜の一番先頭部分の、ト音記号などの横に書かれます。

 

部分的にシャープやフラットを外したい場合は、臨時記号で指定の小節内の音符に、ナチュラル(♮)をつけます。

 

調号は、シャープやフラットが付いている数を見れば、その曲のキー(調)も知る事ができます。

 

また、シャープとフラットは、つく順番も決まっています。

 

◆シャープなら【F・C・G・D・A・E・B】

イタリア語だと【ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シ】

 

◆フラットなら【B・E・A・D・G・C・F】

イタリア語だと【シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファ】

 

シャープとフラットでは逆ですね!

シャープが三つなら「ファ・ド・ソ」にシャープがつき、

フラットが四つなら「シ・ミ・ラ・レ」にフラットがつきます。

 

ギターを弾く上では、これらの知識は正直、そんなに重要ではありません。

ですが知っておくと役に立つ事もあるので、知識として頭の片隅に入れておいて下さい。

 

覚えたい方は、呪文のように毎日唱え、覚えましょう。

 

臨時記号と調号の違い

・臨時記号は、その小節内にのみ適応。

・調号は、曲全体に適応される。

 

シャープとフラットでキーを知る

シャープとフラットでキーを知る

調号についている記号の数が分かれば、その曲のキー(調)を知る事ができます。

 

キーは二種類しかありません。

 

メジャーキーか、マイナーキーです。

日本語で言うと長調(メジャーキー)か、短調(マイナーキー)です。

 

簡単に説明すると、明るい曲調か、暗い曲調かの違いです。

 

キーがCメジャーなら、Cの音から始まる明るい曲調

キーがBm(マイナー)なら、Bの音から始まる暗い曲調

といった感じです。

 

キーに関しては、いずれまた詳しく説明します。

 

・調号に、シャープが付いている場合のキーは以下の通りです。

シャープ

シャープが1個…GかEm

シャープが2個…DかBm

シャープが3個…AかF#m

シャープが4個…EかC#m

シャープが5個…BかG#m

 

・調号に、フラットが付いている場合のキーは以下の通りです。

フラット

フラットが1個…FかDm

フラットが2個…B♭かGm

フラットが3個…E♭かCm

フラットが4個…A♭かFm

フラットが5個…D♭かB♭m

フラットが6個…G♭かE♭m

 

・調号に、シャープ、フラットが一つも付いていない場合のキーは、CかAmです。

 

-調号早見表-

調号早見表

自分で楽譜を書く時に、シャープにするか、フラットにするかに迷ったら、上記を参考にして下さい。

 

ギターコードのトランスポーズ【移調のやり方】

ギターコードのトランスポーズ【移調のやり方】

まず初めに知っておく事。

ドレミファソラシドって何となく、等間隔に音が高くなっている感じがしませんか?

 

実は、違います!

 

基本的には、全音(2F)ずつ音が高くなっているのですが、一部、半音(1F)の関係にある場所があります。

 

ピアノを思い出して下さい。

「ミとファ」の間、そして「シとド」の間って、黒鍵がありませんよね?

ピアノの黒鍵

この間隔は半音になるのです。

つまり、「E#とF」は同じ音、「B#とC」は同じ音になります。

フラットで言うと、「EとF♭」、「BとC♭」も同じです。

 

ですので、【E#、B#、F♭、C♭】これらは使いません!

知らないでE#なんて言っちゃうと、「Fでしょw?」と笑われてしまいますのでご注意下さい。

 

大事なポイント

E#はFで、B#はCです。

そしてF♭はEで、C♭はBです。

 

ドレミファソラシド(CDEFGABC)を半音関係で並べると、以下のようになります。

ギターのキーチェンジに役立つトランスポーズ表

音名が書いていないマスは、その左右の音名のシャープかフラットになります。

 

・もし曲のキーを半音下げたい時は、全てのコードを1つ左のマスへ移動させて下さい。

‖ C | G | Am | F |

‖ B | F# | G#m | E |

 

・曲のキーを全音上げたい時は、全てのコードを2つ右のマスへ移動させて下さい。

‖ C | G | Am | F |

‖ D | A | Bm | G |

 

・カポタストを1Fに付ける場合は、全てのコードを1つ左のマスへ移動させて下さい。

‖ D♭ | A♭ | B♭m | G♭ |

‖ C | G | Am | F |

2カポなら2つ左のマスです。

 

シャープかフラットの使い分けが「?」の方は、一つ上の「シャープとフラットでキーを知る」の箇所を見て確認して下さい。

 

 

音楽で出てくる用語って本当難しいですよね。

それもそのはず、私生活で出てくる事のない言葉ですからね。

外国語のようなものです。

 

しっかりと仕組み、意味を覚えてしまえば、そんなに難しいものではないですよ。

 

CDEFGABCの音の並び、シャープとフラットを覚えれば、あなたのギターライフの視界は、一気に開けてくると思います。

音の並びに関しては、コードを弾く時に、常にルートの音(一番低い音)がどこなのかを意識して弾くと良いですよ。

 

分からなくなったら、この記事をまた読み返してしっかりと理解して下さい。

 

「覚える→忘れる→覚える→忘れる→覚える→忘れなくなる」

 

この繰り返しです。英単語みたいですね。

意識しないと永遠に覚えないので、意識してギターの練習に励みましょう!

-blog

© 2020 大賀ギタースクール