blog

【誰でも出来る】エレキギターの弦交換のやり方【動画有】

【誰でも出来る】エレキギターの弦交換のやり方

弦交換って難しそう。

 

自分で弦を交換するのを諦めていませんか?

弦交換は、一度覚えてしまえばそんなに難しくありませんよ。

 

ここではストラトを使って、エレキギターの弦交換のやり方を動画で解説していますので、是非参考にして弦交換に挑戦してみて下さい。

動画では、レスポールなどのストップテールピースの場合も同時に解説しています。

 

 

エレキギターの弦交換のやり方

動画で詳しく解説していますので、こちらをご覧下さい。

弦の巻き方は6:43~です。

 

フロイドローズの場合、指板のメンテナンスをしない場合は、一本ずつ交換(一本弦を外したら一本弦を巻く)するとチューニングが楽になります。

 

エレキの弦交換に必要なもの。

・弦

・ニッパー

・レモンオイル、もしくはオレンジオイル

・ギター用クロス(安めのもので大丈夫です。)

・チューナー

 

今回はストラトの、ペグに弦を差し込むタイプで解説しましたが、横からペグに弦を通すタイプの場合は、弦を最初から下に巻いていくのではなく、一回上を通してから下に巻いていく方法の方が、チューニングも安定するのでオススメです。

やり方は【初心者でも出来る】アコギの弦交換のやり方【動画有】をご覧になって下さい。

 

この動画では、一回上を通してから下に巻いていく方法で解説しています。

12:44〜が巻き方です。

 

ロック式のペグの場合、弦がペグを一周もしないと思いますが、最初から下に巻いていって大丈夫です。

 

弦の巻回数

ペグポストに巻かれる弦の巻回数は、少なくても良くないですし、多くてもチューニングが安定しません。

 

以下を目安にして下さい。

・4弦、5弦、6弦は約2周半

・1弦、2弦、3弦は3〜4周

 

動画で詳しく解説していますが、巻回数を調整するには、弦を切る位置を調整します。

4弦、5弦、6弦は二個隣のペグ。

1弦、2弦、3弦は二個隣のペグ+約1cmの位置で弦を切りましょう。

 

ちなみに4弦、5弦、6弦のざらざらしている弦を巻き弦、1弦、2弦、3弦のツルツルしている弦をプレーン弦と呼びます。

 

エレキギターのおすすめの弦【ギターのスケール】

エレキギターのおすすめの弦は、ギターのスケールにもよります。

ギターのスケールとは、ナットからブリッジまでの弦の長さです。

スケールはギターによって異なります。

・Fenderを代表とするストラトタイプはレギュラースケール。(25 1/2インチ 647.7mm)

・GIBSONを代表とするレスポール、フライングV、SGなどはミディアムスケール。(24 3/4インチ 628.65mm)

・ムスタング、ジャガーなどはショートスケールになります。(24インチ 609.6mm)

 

レギュラースケールのギターにはライトゲージ(009〜042)かレギュラーゲージ(010〜046)。

 

ミディアムスケールのギターにはレギュラーゲージ(010〜046)。

 

ショートスケールのギターにはレギュラーゲージ(010〜046)がおすすめです。

 

レギュラースケールのギターの場合、ニュアンスを重視した音を出したい場合はレギュラーゲージ。(Jazz系やBlues、ファンク系など。)
細かく歪むロックな音を出したい場合は、ライトゲージを選ぶと良いと思います。

 

細い弦の方が、きめ細かく歪みます。

その代わり、クリーントーンやクランチでの音の太さが損なわれてしまいます。

 

結構変わるので、一度どちらも試してみて下さい。

 

弦のメーカーは、ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) かDADDARIO(ダダリオ)がおすすめです。

コーティング弦ならELIXIR(エリクサー)ですね。

 

コーティング弦は、その名の通り弦にコーティングが施された弦です。

一番の特徴は、錆びにくい事です。(その代わり、値段がお高め。)

また、ツルツルと滑りが良い事も特徴で、ここは賛否が分かれる所です。

 

僕の場合、最近はエレキはノンコーティング弦、アコギはコーティング弦が好きです。

 

エレキのライトゲージ弦のおすすめ

まずはアーニーボールから。

僕は色々試した結果、この弦とレギュラーゲージのアーニーボールを使用しています。

 

ERNIE BALL / SUPER SLiNKY

 

お次はダダリオ。

ボールエンドがカラフルなのが特徴です。

アーニーボールと比較すると、主観ですがよりハリのある音がします。

 

D'Addario / EXL120

 

コーティング弦のエリクサーです。

僕は正直エレキのコーティング弦は苦手なのですが、これじゃなきゃ嫌だという方が沢山いる人気&定番の弦です。

 

Elixir / 12002

 

エレキのレギュラーゲージ弦のおすすめ

アーニーボールのレギュラーゲージの弦。

レギュラースケールでも、ダウンチューニング(半音下げや一音下げなど)をする場合は、こちらの方が良いと思います。(チューニングによってはもっと太いゲージでもOKです。)

 

ERNIE BALL / REGULAR SLiNKY

 

ダダリオのレギュラーゲージ。これも大定番です。

 

D'Addario / EXL110W

 

コーティング弦のエリクサーのレギュラーゲージ。これもまた大定番です。

 

Elixir / 12052

 

 

レモンオイルでのお手入れ

新しいギター(新品購入から5年以内)や、乾燥のシーズン(11月〜2月)には、レモンオイル、もしくはオレンジオイルで指板のお手入れをしてあげましょう。

 

新品でギターを購入してから10年とか経過しているギターの場合、そんなに気にしなくても大丈夫ですが、新しめのギターの場合、保湿が足りず冬場の乾燥シーズンに指板の割れや、フレットの浮きなどの問題が発生してしまうリスクがあります。

 

指板の汚れもたまると取れなくなりますし、クリーニング兼保湿用途として、レモンオイルは使いましょう。(オレンジオイルでも大丈夫です。)

 

ただ、使いすぎは良くないですよ!

 

レモンオイルを使いすぎると、それはそれで油がたまり、汚れの原因になってしまったり、フレット浮きの原因になってしまったりします。

何事も適度にですね。

 

僕の経験から言うと、レモンオイルを使用する頻度はこんな感じです。

 

・購入から5年未満の場合。

春〜夏にクリーニング目的で1回。

秋〜冬にクリーニング&保湿目的で2〜3回。

 

・購入から5年以上、10年未満の場合。

春〜夏にクリーニング目的で1回。

秋〜冬にクリーニング&保湿目的で1〜2回。

 

・購入から10年以上の場合。

春〜夏にクリーニング目的で0〜1回。

秋〜冬にクリーニング&保湿目的で0〜1回。

 

オイルは僕がいつも使用している、フリーダムのレモンオイルがおすすめです。

 

 

弦は綺麗な巻き方で巻きましょう!

見た目も良いですし、チューニングも安定しますよ。

 

最初はとても難しいですが、自分で3回程やれば、大分慣れると思います。

-blog

© 2020 大賀ギタースクール