TAB

Phunkdifiedの弾き方解説【TAB有り】

Phunkdifiedの弾き方解説【TAB有り】

今日は、Justin Kingの名曲『Phunkdified』の弾き方を解説します。

この曲のAメロ部分、スラップのフレーズはあまりにも有名で、沢山の方がカバーしています。

 

ちなみに読み方は『ファンクディファイド』。

Phunkdifiedが弾けるようになれば、文化祭、会社の集まりなどで話題をさらう事間違いナシ

とても難しい曲ですが、毎日コツコツ練習すれば、必ず弾けるようになりますので、是非挑戦してみて下さい。

 

※この曲のTAB譜の販売はありませんが、動画に全てのパートのTAB譜を載せていますので、是非動画もご覧になって下さい。

 

 

Phunkdifiedの弾き方

この曲で覚えられるテクニック。

  • 変則チューニング(DADGAD)
  • ゴーストノート
  • ボディーヒット
  • スラップ
  • 3連のラスゲアード
  • タッピング
  • ハーモニクス(タッピング)

 

変則チューニング(DADGAD)

Phunkdifiedのチューニング

Phunkdifiedのチューニングはレギュラーチューニング(スタンダードチューニング)ではありません。

ダドガドチューニング(ダッドガッドチューニング)になります。

 

・レギュラーチューニングは6弦から『E A D G B E』

・ダドガドチューニングは6弦から『D A D G A D』

 

DADGADで、ダドガド → ダドガドチューニングですね。

 

ダドガドチューニングはレギュラーチューニングから1弦、2弦、6弦を1音下げにしたチューニングになります。

 

最初からチューナーを使って合わせても良いですが、まずナチュラルハーモニクスでザックリ合わせてからチューナーを使って合わせると、とても早くチューニングが出来ます。

 

(1)まず6弦5fのハーモニクスと4弦12fのハーモニクスを出し、4弦12fのハーモニクス音に合うように6弦5fのハーモニクス音を下げます。

 

(2)5弦5fのハーモニクスと2弦12fのハーモニクスを出し、5弦5fのハーモニクス音に合うように2弦12fのハーモニクス音を下げます。

 

(3)4弦5fのハーモニクスと1弦12fのハーモニクスを出し、4弦5fのハーモニクス音に合うように1弦12fのハーモニクス音を下げます。

 

ここまで出来たら、後はチューナーでしっかりと合わせましょう。

※チューナーのモードはクロマチックにしましょう。クロマチックになっていないと、レギュラーチューニング以外のチューニングが出来ません。

 

これでPhunkdifiedを弾く準備が整いました。

 

イントロの弾き方【ゴーストノートの嵐】

Phunkdifiedのイントロは、ゴーストノートがメインになっているフレーズとボディーヒットですね。

 

出だしのサムピング音は、サウンドホールの前辺りで当てたら戻すサムピングをしましょう。

 

スラップの基本テクニック『サムピング・プル・ゴーストノート』のやり方がよく分からない方は、こちらの記事を参考にして下さい。

ギタースラップのやり方とコツ【TAB有り】

 

4小節目のボディーヒットは、難しいですが、慣れてしまえば色々な曲で使えるカッコ良いフレーズなので、是非とも習得して下さい。

コツは、思っているより強く叩かない&角度をボディーに対して直角にしない(斜めから小指、薬指、中指、人差し指の順に、軽くデコピンするイメージです。)

 

ゴーストノートもPhunkdifiedに限らず、色々な曲で使えるテクニックなので、しっかりと覚えましょう。

簡単なフレーズもゴーストノートが入るだけで、一気にカッコ良いフレーズになる事も多々ありますよ。

 

Aメロの弾き方【スラップ】

Aメロはスラップが際立つ、この曲の一番有名なパートなのではないでしょうか。

 

サムピングは当てたら戻す部分と、振り抜きで行う部分がありますので、うまく使い分けて下さい。

ギタースラップのやり方とコツ【TAB有り】

 

また、 サムピングと、ピッキングの部分に分かれます。

プルに関しても同じですね。

プルの部分と、ピッキングの部分に分かれます。

 

全てサムピングとプルにならないよう、気をつけて下さい。

 

タッピングハーモニクスもここで出てきます。

右手中指などをピーンと真っ直ぐにし、12fのフレット真上をフレットと並行になるように叩いて下さい。

叩いたらすぐ戻します。サムピングや、ボクシングのジャブのようなイメージです。

 

あとは3連(6連)のフレーズですね。

 

・16分音符に3が付いた3連符は、1拍を6等分にした速さ。

・8分音符に3が付いた3連符は、1拍を3等分にした速さ。

・4分音符に3が付いた3連符は、2拍を3等分にした速さ。

それぞれの長さが分かる図を作りました。

参考にして下さい。

3連符、6連符の違い

Phunkdifiedで出てくる3連符は、画像一番上の3連ですね。

動画で詳しく解説していますが、Justin King方式の6連フレーズの場合、変な場所でフレーズが区切れる感じになってしまいます。(それがカッコイイのですが。)

それぞれの拍のアタマにアクセントをおいて練習するなどして、リズム(拍)を見失わないようにして下さい。

 

BメロとC(サビ)の弾き方【3連ラスゲアードとタッピング】

Bメロは3連のラスゲアード、Cはタッピングのパートですね。

 

個人的に一番難しいと感じているのは、Bメロの3連ラスゲアードです。

1. 中指と薬指でダウン。

2. 親指でダウン。

3. 親指でアップ。

の順番で3連符になるように弾くのですが、これがまた慣れるまでに結構時間がかかりました。

焦って速くやると、リズムがガタガタになってしまう事が多いと思います。

 

まずはゆっくりから練習して、綺麗な3連符になるよう心がけましょう。

 

Cのタッピングパートは覚えるのは大変ですが、覚えてしまえばそこまで難しくないですよ。

ですが、見た目的にものすごい超絶技巧に見えるので、是非習得して皆にひけらかしましょう。

 

Cを4分割して考えた時の2つ目、4つ目のベースラインが、くって入る※感じになるので、そのリズムの取り方が難しいですね。

 

※くって入るとは、裏拍で音が変わるリズムの事。シンコペーションとも言います。

 

一つ一つがいちいち難しく、特にCは覚えるだけでも大変ですが、日々少しずつ覚えていけば必ず完成します。

一気に覚えなくて大丈夫です!

 

弾けるようになると、迫力もあってとっても楽しいですよ。

タッピングやスラップも覚えられますしね。

 

一人でも完成、完結出来るのがソロギターの良いところであり、魅力ですね。

 

質問などありましたら、YouTubeのコメント欄にコメント下さい。

-TAB

© 2020 大賀ギタースクール