blog

Bコードの押さえ方を覚えて【48個のコード】を使いこなす方法

Bメジャーコード

前回、Fコードの押さえ方と、セーハ・バレーのコツを覚えました。

【初心者の壁】Fコードの簡単な押さえ方『セーハ・バレーのコツ』

どうですか?

少しは音が鳴るようになってきましたか?

 

Fコードと、今日覚えるBコードを覚えると、実質48個のコードを覚えた事と同じになります。

 

よっ、 48個!!
そうです。48個です!

これらのコードを使いこなせれば、大抵の曲のコードは弾けるようになりますよ♪

どうやって48個のコードを使い分けるの?

 

今日はBコードの押さえ方と、48個のコードを使いこなす方法を、順番に分かりやすく解説していきます。

 

 

Bコードの押さえ方

まずBコードの押さえ方から。

押さえ方は二つあります。

- 其の1. -

Bコードの押さえ方

- 其の2. -

Bコード

其の1の方が、1弦を鳴らしやすいと思いますが、其の2の方が、素早く押さえやすいので、コードチェンジが楽です。

 

実際は、Bコードの前後のコードに合わせて使い分けるので、どちらも使うのですが、其の2の方が使い勝手が良いのでオススメです。

ちなみに僕の使用頻度としては、9割がた其の2で、1割其の1のフォームで押さえています。

 

Bコードのコツ・ポイント

まずは人差し指のセーハですね。

セーハに慣れていない方は、まずこちらの記事を参考にセーハのコツを掴んで下さい。

【初心者の壁】Fコードの簡単な押さえ方『セーハ・バレーのコツ』

 

軽くおさらいしますと

・人差し指は真っ直ぐ伸ばす

・人差し指の腹ではなく、親指側の側面でフレットの近くを押さえる。(フレットに乗ってはダメです。)

・握りはクラシックスタイル。

 

6弦は、人差し指の先端で触れて、音が鳴らないようにミュートして下さい。

よくあるプチ間違いとして、人差し指が6弦まで2fを押さえてしまうと、一番低い音(ルート音と言います。)がBではなく、F#になってしまいます。

Bコードと言われたら、一番低い音はBでなくてはいけません。

 

Bコードなんだけど、一番低い音がF#の場合、B/F#というコードになってしまうんですね。(またはBonF#とも書きます。)

読み方はBオンF#です。オンコード、分数コード、またはスラッシュコードというコードになります。

 

ギターの指板上の音名は、以下の画像を参考にして下さい。

ギター指板の音名

其の2の押さえ方の場合、特に難しいのは一弦です。

一弦は、人差し指セーハの2fの音を出さなくてはいけません。

そうする為には、薬指の第一関節を反らすように2弦、3弦、4弦の4fをセーハします。

Bメジャーの押さえ方

薬指のセーハも、なるべくフレットの近くで押さえられると更に良いですね。

 

1弦2fの音は、そんなに大事な音ではないので、最初のうちは鳴らなくても大丈夫です。

ですが、薬指で1弦4fの音を鳴らしてしまうのはダメです。

 

1弦が鳴らない分にはOKです。

2弦4fの音は重要な音ですので、頑張って鳴らせるよう、練習して下さい。

※2弦4fの音が、メジャーコードの明るい成分、3度の音だからです。

 

48個のコードを使いこなす方法

48個のコードを使いこなす方法

冒頭でも言った通り、FコードとBコードを覚えれば、実質48個のコードを覚えた事になります。

これらのコードで、大抵の曲は弾けるようになります。

その使い方なのですが、まず四つ覚えていただきたい事があります。

 

以下の四つです。

  • 6弦ルートのメジャーコードフォーム
  • 6弦ルートのマイナーコードフォーム
  • 5弦ルートのメジャーコードフォーム
  • 5弦ルートのマイナーコードフォーム

四つのコードフォーム

どれも見覚えがありますよね?

そうです、いずれもFコードかBコードの押さえ方と同じですね。

 

Fコード(メジャー)であれば、6弦ルートのメジャーコードフォームで、R(ルート)が1fのFになっていると思います。

そのまま中指を離すと、6弦ルートのマイナーコードフォームになり、コードはFmになります。

 

Fmから、指の形を変えずに、全て右のフレットに一つずらして下さい。

そうするとコードはF#mになり、そこから中指を戻す(3弦3f)とメジャーコードフォームになり、コードがF#(メジャー)になります。

 

混乱しますよね。。

動画でも解説していますので、是非ご覧になって下さい。動画の方が分かりやすい部分もあると思います。

 

6弦ルートのメジャーコードフォームは、指の形を変えずに、6弦のルートの位置をずらすだけで、別のメジャーコードになります

何メジャーかと言いますと、移動先のルートの音のメジャーコードです。

 

ルートの位置が1fならFメジャー、2fならF#メジャー、3fならGメジャー、4fならG#メジャー、5fならAメジャー、、、

と言った感じです。

#と♭がよく分からない方は、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

シャープ#とフラット♭【ギターコードのトランスポーズのやり方】

 

他のコードフォームでも同じです。

マイナーコードフォームなら、マイナーコードになります。

5弦のルートを使う時は、5弦ルートのコードフォームを使って下さい。

 

フォームを覚えたら、それを横に並行移動させる感じですね。

 

ここで問題が一つ!

 

コードフォームの使い方は分かったけど、肝心の6弦、5弦上の音名を覚えていません。。

 

問題ありません!

指板上の音名を覚えるのには、ちょっとしたコツがあります。

 

5弦・6弦上の音名を覚えるコツ

先ほどの画像を見てみましょう。

ギター指板の音名

6弦と5弦の開放弦がEとA、これはチューニングの時に合わせている音名なので大丈夫ですよね??

覚えていない方は、この機会に是非覚えて下さい。

6弦から

E  A  D  G  B  E
イ エ デ ジ ビ イ 

です。

 

画像でいうとグレーのドット、皆さんのギターにもポジションマークってついていますよね?

指板とネックの横(ギターを構えた時に、上から見える部分)についていると思います。

 

ほとんどのギターは、3f、5f、7f、9f、12fにポジションマークがあります。(3fにないものもあります。)

 

まずは、5弦、6弦ともに3f、5f、7f、ポジションマーク1個、2個、3個目までの音名を覚えて下さい。

 

・6弦だと、G A B (ソ ラ シ)

・5弦だと、C D E (ド レ ミ)

 

次に6弦開放のEと、3fのGの間のFが、右寄りなのか左寄りなのか、

5弦開放のAと、3fのCの間のBが、右寄りなのか左寄りなのかを覚えて下さい。

 

ここまで覚えられれば、コードワークで使うメインの場所は、ほぼ覚えた事になります。

 

4つ目のポジションマークは6弦がC#、5弦がF#になるのでちょっと覚えにくいですね。

これは余裕ができてきたら覚えましょう。

 

皆さん音名っていくつあるかご存知ですか?

 

ド、ド#、レ、レ#、、、、

数えてもいいですが、もっと簡単な方法があります。

 

6弦の開放弦がE。

6弦の12fがE。

同じ音名ですが、この関係は1オクターブになります。

12f = 1オクターブ

 

そうです。12fで1オクターブ。

つまり、音楽で使う音程は12個あるという事です。

 

という事は、

今日覚えた6弦ルートのメジャーコードフォームで、6弦ルートの12個のメジャーコードが使えるようになります。

6弦ルートのマイナーコードフォームで、6弦ルートの12個のマイナーコード。

5弦ルートのメジャーコードフォームで、5弦ルートの12個のメジャーコード。

5弦ルートのマイナーコードフォームで、5弦ルートの12個のマイナーコード。

 

これらを合計すると48個のコードになります。

あらっ、お得!!

 

オープンコードとの使い分け

48個のコードを使えるようになったのはいいとして、一つ質問です。

6弦ルートのメジャーコードフォームでルートが3fの場合、Gになりますよね?

Gってこういう押さえ方もあるけど、どっちを使ったらいいの?

Gコード

答え : どちらでも大丈夫です。押さえ方は違いますが、出てくる音は同じです。

もっと正しく言うと、同じ構成音になるという事です。

 

Gコードの構成音はGとBとD(ソとシとレ)。

どちらの押さえ方でも、この三種類の音だけが含まれています。

 

開放弦が含まれているコードの事を、オープンコードと言います。

また、今日覚えたセーハ(バレー)が含まれているコードを、バレーコードと言います。

 

実際に弾いてみると分かると思いますが、二つを比較するとオープンコードの方が圧倒的に押さえるのが楽です。

長年ギターを弾いている人でも、バレーコードだけで一曲を通して弾くのは、相当に至難のわざです。

セーハが連続すると、左手がパンパンになってもたないんですね。

 

なので、オープンコードが使えるコードは、なるべくオープンコードを使う。

これが一番の正解です。(特にアコギの場合は。)

 

音色もオープンコードの方が、開放的な音がしますしね。

 

もちろん、コードの前後に合わせて、あえてバレーコードを使うのもアリですよ。

 

- 代表的なオープンコード -

C D E G A

Dm Em Am

 

コードの簡略化

いざ、48個のコードを使って曲を弾こうとしたけど、CM7やG7など、よく分からないコードが出てきました。。

答え : コードに7や9などが付くコードは、今までに覚えたコード、CやGなどに装飾的な音を足したコードになるので、CやGといったコードに簡略化する事が出来ます。

 

ちなみに数字の付かないコードは3和音、つまり3種類の構成音で出来ています。

○M7、○7、○M9、○9、○add9はメジャーコードに。

○m7、○mM7、○m9、○mM9、○madd9はマイナーコードに簡略化できます。

 

簡略化できない(しない方が良い)コードは以下です。

これらのコードは、頑張って覚えましょう。

○m7(-5)、○dim、○sus4、○aug

 

オンコード(分数コード)の簡略化

最後になりますが、オンコードの場合は、読んだ時に先にくるコードへ簡略化する事が出来ます。

 

そもそもオンコードとは、『コードの一番低いルート音だけ、別の音にして下さい。』というコードです。

 

C/E(またはConE)であれば、Cコードだけどルート音はCではなくEに。

Bm7/F#(またはBm7onF#)であれば、Bm7だけど、ルート音はBではなくF#に。

 

なので、簡略化すると

C/EはCコードに。

Bm7/F#はBmに。

といった感じです。

 

 

今日は、沢山のことを覚えましたね。

これらを覚えられると、一気に色々な曲を弾けるようになりますし、一気に中級者へ近づきます。

新しいコードを覚えるのも早く、楽になりますよ。

 

今後、新しく覚えるコードに開放弦がない場合はチャンスです!

何故なら、そのコードは形を変えずに左右に平行移動するだけで、同じように別のルートのコードになるからです。

 

難しい内容でしたが、ものすごく重要な内容ですので、よく分からなかったら何度もこの記事を読み返して、しっかりと理解して下さい。

 

ちゃんと理解できた時、今よりももっとギターが楽しくなっているハズです♪

-blog

© 2020 大賀ギタースクール