blog

おすすめのピック【ピックの選び方】

おすすめのピック【ピックの選び方】

ピック選びに迷っていませんか?

 

楽器屋をのぞくと様々なピックがありますが、硬さや大きさなどによって、向き・不向きの音(ジャンル)があります。

結論から言ってしまえば、フォームがしっかりとしていれば、どんなピックでも演奏する事は出来ます。

 

しかし、求める音によっては弾きやすいピックと、弾きにくいピックがあるのも事実です。

演奏方法と、目指す音に合わせたピックを使いましょう。

 

初心者の方、またはピック選びに迷っている方は、参考にしていただければと思います。

 

 

 

ピックの選び方【ピックの種類】

ピックは大きく分けると、以下の4種類に分かれます。

  • 涙型のティアドロップ
  • おにぎり型(トライアングル型)
  • ジャズ型
  • サムピック

ティアドロップ

ティアドロップ

一番使用者が多いのは、ティアドロップです。

エレキでもアコギでも、ストローク(※)、アルペジオ、ソロなど、どんな演奏でもバランス良く弾きやすいオールマイティーなピックです。

僕もティアドロップを使っています。

 

※ストロークとは、コードなど複数の弦をまとめてジャーンと弾く右手の演奏方法の事です。

アコギでジャガジャガと弾いているのは、まさにストロークですね。

トライアングル型(おにぎり型)

おにぎり型

トライアングル型は、ストローク、カッティングに適しており、細かなプレイはあまり得意ではありません。

おにぎり型とも呼ばれています。

アコギのストロークなどに良く合います。

ジャズ型

ジャズ型

ジャズ型は、ティアドロップを小さくして、先端をさらに尖らせた形のピックです。

細かなプレイに適していますが、ストロークやカッティングには適していません。

ジャズやメタル、ハードロック系のプレイヤーに愛用者が多いです。

 

サムピック

サムピック

カントリーやブルーグラス、ソロギターなどで使用される事の多いサムピック。

親指にはめて使用します。

全て指で弾くよりも、輪郭のはっきりとした音になります。

 

サムピックの出すサウンドを求める場合以外では、使用される事はほぼありません。

 

ピックの厚さ(硬さ)の違い

ピックの厚み(硬さ)によっても、出音は変わってきます。

 

メーカーによっては英語表記だったり、mm表記だったりと、目安となるものが変わります。

以下に目安となる表を出しておきます。

Soft / Thin = 0.5mm前後

Medium = 0.8mm前後

Hard / Heavy = 1.0mm前後

Extra Heavy = 1.1mm以上

ピックが薄ければ薄いほど、柔らかい音になり、

厚ければ厚いほど、シャープな音になります。

 

アコギの弾き語りなど、ギター一本である程度の音量、低音が求められる場合は、MediumかHeavyのピックをおすすめします。

薄いピックだと、低音や音量があまりでない為です。

逆にExtra Heavyなど厚めのピックだと、音が硬くなりすぎてしまいます。

 

・アコギなどでコードストロークをやりたい方は、おにぎり型のSoftとMedium、Heavyの三つをそれぞれ2,3枚程用意するといいと思います。

 

・エレキ、またはアコギでコードストローク、アルペジオ、ソロなどゆくゆくは色々とやってみたい方は、ティアドロップのSoftとMedium、Heavyの三つをそれぞれ2,3枚程用意しましょう。

 

なんで三種類かと申しますと、右手のフォームが出来ていないと、Medium以上のピックは扱いが難しいからです。

 

厚めのピックだと、初心者のうちは右手の力の抜き方が分からず、ガシャガシャとうるさい音になりがちです。

他にもピックがずれてきてしまったり、落ちてしまったり。

 

右手のフォームが出来てくると、どんなピックを使ってもそういった問題は起きません。

 

ある程度上達してきた方は、Soft→Medium、Medium→Heavyと徐々に厚めのピックに持ちかえていきましょう。

Heavyのピックでも柔らかい音が出せるようになれば、右手のフォームが上達してきた証拠です。

 

硬い厚みのあるピックの方が、音量やニュアンスの付け方など、演奏の幅がききます。

速いフレーズにも適しています。

硬すぎると扱いづらいですが、それも奏法次第です。

 

SoftやThinなどの薄いピックは、速いフレーズは苦手ですが、アコギでの柔らかいストロークには合います。

 

・ストロークを一切やらない方であれば、ティアドロップかJazz型に落ち着くと思います。(Medium〜Extra Heavyがおすすめです。)

 

・色々やる方はティアドロップ。(Medium〜Heavyがおすすめです。)

 

・ストローク、カッティングなどがメインの方は、おにぎり型かティアドロップ。(Soft・Thin〜Heavyがおすすめです。)

 

これを言ってしまったら元も子もないのですが、慣れてしまえばどんなピックでも、自分にとってはそれが一番弾きやすいです。

 

しかし、奏法に合った型、求める音に合わせた厚みのピックを選ぶ事で、演奏と出音に確実にいい影響を与える事は間違いありません。

 

ピックの材質の違い

ピックの材質の違い

ピックの材質によっても音は変わります。

最初はあまり気にしなくても良いと思いますが、参考程度に頭に入れておいて下さい。

 

上達してきた時に、ピックを選ぶ判断基準にしていただければと思います。

 

セルロイド

もっとも一般的な材質です。

扱いやすく、クリアなサウンドです。

トーテックス

Jim Dunlopの亀の絵のピックはトーテックスのものが多いです。

どこでも売ってる定番のピックです。

シャープな音が特徴です。

ナイロン

アタックが控えめでマイルドなサウンドが特徴です。

ジャキジャキした音は出しにくいです。

デルリン

明るくシャープな音が特徴です。

尖った個性などはありません。

ポリアセタール

軽やかでクリアなサウンドが特徴です。

摩擦にも強く、弦を弾いた時に引っ掛かりが少なく、アコギのストロークなどには特に合います。

ゲーターグリップ

ざらざらした手触りのゲーターグリップ。

Dunlopのワニの絵のピックがそれです。

ガリっとしたアタックと、意外にもマイルドな控えめな音が特徴です。

ウルテム

べっ甲や、人の爪で弾いた音に近いと言われているウルテムのピック。

速いフレーズが弾きやすいです。

音の立ち上がりが速く、ニュアンスも出しやすいです。

INFINIX

新素材のINFINIX。

MASTER 8 JAPANのピックで使用されています。

輪郭のはっきりしたサウンドと、弾いた瞬間のアタック・音の立ち上がりが速いです。

滑りにくいのも特徴です。

アクリル

アタックが良く出ます。

速いフレーズにもよく合います。

耐久性が高いのも特徴の一つ。

ベッコウ

クリアでニュアンスが付けやすいのが特徴です。

僕はプレゼントしていただいたものを二枚ほど持っていますが、一枚でも高額ですし、メインで使う気にはなれません。。

 

おすすめのピック

ピックは消耗品です。

先端が削れてきたら、新しいものを使いましょう。

 

お店で買うと1枚100円程度。

ネットで買うと1枚80円前後。

 

ピックは消耗品ですし、小さいのでよく失くします。

 

おすすめの買い方は、ネットで10枚〜20枚程度まとめて購入。

残り枚数が少なくなってきたら、再度まとめ買い。

サイトによって送料無料になる購入金額が異なるので、送料無料になる金額まで枚数を増やすか、弦などをまとめて購入すると良いと思います。

 

最後におすすめのピックを何枚か紹介します。

 

PICKBOY(ピックボーイ)【VINTAGE CLASSIC LUMINOUS RAINDROP 1.00】

PICKBOY ( ピックボーイ ) / VINTAGE CLASSIC LUMINOUS RAINDROP 1.00

 

型 / ティアドロップ
材質 / セルロイド

 

僕がメインで使用しているピックです。

指に吸い付くような質感で、細かな演奏からストローク、カッティングまで何でも弾きやすいです。

大きさも小さすぎず、大きすぎず、ちょうど良いです。

 

色違いでRAINBOWのものもあるのですが、僕は断然こちらをおすすめします。

WHITEも良いのですが、消耗がものすごく早く、音も少し軽めです。

LUMINOUSが一番おすすめです。

 

ちなみにサウンドハウス以外だとなかなか売っていません。

 

PICKBOY ( ピックボーイ ) / GP-TG-R/08

PICKBOY ( ピックボーイ ) / GP-TG-R/08

 

型 / おにぎり型(トライアングル型)
材質 / ポリアセタール

 

同じくピックボーイのテリーゴールドシリーズのおにぎり型ピック。

さらさらした質感で、クリアでバランスの良い音が特徴です。

耐久性もあり、とても使いやすいですよ。

 

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / ULTEX TRIANGLE/0.88

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / ULTEX TRIANGLE/0.88

 

型 / おにぎり型(トライアングル型)
材質 / ウルテム

 

ジムダンロップのウルテム素材のおにぎり型ピック。

弦への食いつきも良く、バランスの良いクリアなサウンドが特徴です。

0.88mm以外の厚さもありますが、この厚みだとストローク以外の奏法もやりやすいですよ。

 

厚みのバリエーション。

(0.60mm  0.73mm  0.88mm  1.00mm  1.14mm)

 

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / ULTEX STANDARD/1.00

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / ULTEX STANDARD/1.00

 

型 / ティアドロップ
材質 / ウルテム

 

一つ上のウルテム素材のおにぎり型ピックのティアドロップ版。

ニュアンスも出しやすく、色々な奏法に適しています。

エレキにもアコギにも合います。

 

厚みのバリエーションは以下の通りです。

(0.60mm  0.73mm  0.88mm  1.00mm  1.14mm)

 

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX STANDARD/1.00

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX STANDARD/1.00

 

型 / ティアドロップ
材質 / トーテックス

 

初めて使ったピックがこれだった。という方も多いんじゃないかと思います。

超定番のピックです。

定番になるには理由がありますよね。

耐久性もあり、シャープな音質。試してみる価値はありますよ。

 

尖った個性はありません。ですが、その分使いやすいです。

特にエレキの方におすすめします。

厚みは以下のバリエーションがあります。

(0.50mm  0.60mm  0.73mm  0.88mm  1.00mm  1.14mm)

-blog

© 2020 大賀ギタースクール